JAVA:IT TRICK

コンテンツタイプの設定(setContentType)

サーブレットでレスポンスタイプを設定する方法について説明します。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Clip to Evernote
  • IT TRICK RSS

サーブレットでレスポンスタイプを設定する方法について説明します。

レスポンスタイプを設定するにはHttpServletResponseクラスのsetContentType()メソッドを使います。タイプは一つの文字列として設定します。以下はsetContentType()メソッドを使ったサンプルです。

setContentType()のサンプル

このサンプルではレスポンスタイプを「text/html; charset=Windows-31J」に設定し、レスポンスボディに簡単なHTMLを設定してレスポンスを返しています。

Sample48127.java
import java.io.IOException;
import java.io.PrintWriter;

import javax.servlet.ServletException;
import javax.servlet.http.HttpServlet;
import javax.servlet.http.HttpServletRequest;
import javax.servlet.http.HttpServletResponse;


public class Sample48127 extends HttpServlet {

	public void doGet(HttpServletRequest request,
			HttpServletResponse response)
	throws IOException, ServletException {

		response.setContentType("text/html; charset=Windows-31J");

		PrintWriter out = response.getWriter();
		out.println("<html>");
		out.println("<body>");
		out.println("<p>test</p>");
		out.println("</body>");
		out.println("</html>");

	}
}

上記のサーブレットのためのweb.xml設定です。

web.xml
<?xml version="1.0" encoding="UTF-8"?>
<web-app>
        <servlet>
                <servlet-name>48127</servlet-name>
                <servlet-class>Sample48127</servlet-class>
        </servlet>

        <servlet-mapping>
                <servlet-name>48127</servlet-name>
                <url-pattern>/48127</url-pattern>
        </servlet-mapping>

</web-app>