JAVA:IT TRICK

Eclipseのインストールと設定

サーブレットやJSPは一般的にはEclipseで開発することが多いです。ここではEclipseのインストールと必要最低限の設定について説明します。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Clip to Evernote
  • IT TRICK RSS

サーブレットやJSPは一般的にはEclipseで開発することが多いです。ここではEclipseのインストールと必要最低限の設定について説明します。また、設定は主にJavaのソースファイルをコンパイルするためのJDKの設定とサーブレット・JSPの実行環境であるTomcatの設定に分かれます。

Eclipseのインストール

EclipseはここからEclipseの「All In One」のJERなしパッケージをダウンロードして、付属のインストーラに従ってインストールしてください。

JDKの設定

まずJDKの設定から見ていきます。Eclipseの上部にあるメニューの「ウィンドウ」→「設定」から「設定」画面を開き、左にある項目から「Java」→「コンパイラー」を選択します。ここでは「コンパイラー基準レベル」がインストールしたJDKと一致していることを確認します。異なる場合は正しいコンパイラーレベルを選択してください。

次に「設定」ウィンドウにある「Java」→「インストール済みのJRE」を選択します。ここでは「追加」ボタンをクリックします。

「JREの追加」画面で「標準 VM」を選択し、「次へ」ボタンをクリックします。

「JREホーム」欄の右側にある「ディレクトリ」ボタンをクリックし、インストールしたJDKのディレクトリを選択します。選択が終わるとJREの名前とシステムライブラリーが自動的に表示されます。問題なければ「完了」ボタンをクリックします。

「設定」画面に先ほど選択したJDKが表示されます。このJDKにチェックを付け、「完了」ボタンをクリックすることで、JDKの設定が完了します。

Tomcatの設定

Tomcatの設定は、まずEclipseの上部にあるメニューの「ウィンドウ」→「設定」から「設定」画面を開き、左にある項目から「Tomcat」を選択します。ここでは「Tomcat バージョン」がインストールしたTomcatと一致していることを確認し、「Tomcatホーム」欄の右にある「選択」ボタンからインストールしたTomcatのディレクトリを選択します。

最後に「コンテキスト宣言モード」が「コンテキスト・ファイル」になっていることを確認し、それ以外の項目はディフォルトの状態で「OK」ボタンをクリックします。これでTomcatの設定が完了です。