JAVA:IT TRICK

JSPの基本

JSPはサーブレットと違って明示的にコンパイルする必要がありませんし、web.xmlへの登録も必要ありません。ここではJSPの基本について解説します。

JSPは、はじめてアクセスが来た時にアプリケーションサーバ(tomcatなど)が対象のJSPをサーブレットに変換します。その後、サーブレットとして実行されます。サーブレットを変更した場合は、Webアプリケーションをリロードする必要がありますが、JSPの場合は、リロードする必要がありません。変更したことをアプリケーションサーバが自動的に感知し、再度サーブレットに変換してくれます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Clip to Evernote
  • IT TRICK RSS

JSPの基本