JAVA:IT TRICK

MapView

AndroidではMapViewを利用して地図をアプリケーションで表示することができます。ここではこのMapViewについて説明します。

MapViewはGoogleが提供している地図を表示するためのウェブサービスを利用するためのビューです。従って、MapViewを利用する場合はインターネット接続が必要です。 また、現在位置を確認し、その位置を中心とする地図を表示するためにGPSの昨日も利用することができます。

MapViewは他のビューと違い、レイアウトXMLファイルにそのまま配置するだけでは利用できません。MapViewを利用するためには、開発環境に専用なGoogle APIを事前にインストールしておく必要があります。 また、MapViewに地図データを読み込んで表示するためには、ウェブサービスにアクセスする際に使う「Maps API Key」が必要です。これは、開発者ごと、開発環境ごとに異なるキーで、Googleのウェブサイトにアクセスして取得します。他のユーザに公開するアプリケーションを作成する場合には、署名したアプリケーション用のキーが必要となりますが、そうでない場合にはデバッグ用のキーを取得して、自分の環境で自湯に使うことができます。

MapViewは、ただ地図を表示するだけでなく、さまざまな付加情報をつけることができます。たとえば衛星の写真を表示したり、渋滞情報を地図上に表示することもできます。さらにGPSから得られた情報から現在位置を地図上にマーカーとして表示することもできますので、その気があれば独自のナビゲーションを作れます。

ではさそくMapViewの基本的な使い方と付加情報のつけ方について見ていきましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Clip to Evernote
  • IT TRICK RSS

MapView